アイレップが日本トータルテレマーケティングと包括提携して「CXスタジオ」を発足

ソーシャルコマースやD2Cなど新たなEコマース領域に対応、新しいEC購買体験を創出
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング事業のアイレップは、テレマーケティングやフルフィルメント(ECでの業務全般)事業を行う日本トータルテレマーケティングと包括提携し、新しいEC購買体験を創出する組織「カスタマーエクスペリエンス(CX)スタジオ」を発足させる、と発表した。新たなEコマースの事業領域への対応が狙いとなる。

新たなEコマース領域は、ソーシャルメディアとECを組み合わせたマーケティング手法のソーシャルコマースや、消費者への製品の直接販売(D2C)を指す。CXスタジオでは、アイレップが持つデジタルマーケティングのノウハウと、日本トータルテレマーケティングのカスタマーサポート、フルフィルメントの経験を融合する。

CXスタジオは、(1)商品を受け取って開封するまでの感動の創出(2)ユーザーコミュニケーションでの体験価値の向上(3)統合デジタルマーケティングの知見を活用したコンサルティングサービス--を提供。大手EC事業者には新しいEC購買体験の創出を支援し、EC事業に注力していない企業には事業の立ち上げをサポートする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]