アフィリエイト広告主のブランドを守るサービス「ブランドセーフアフィリエイト」開発

フルスピード、メディアのコンテンツを効率的に管理、広告主のリスクをコントロール
よろしければこちらもご覧ください

インターネットマーケティング支援事業のフルスピードは、アフィリエイト(成果報酬型広告)を実施する広告主のブランドを守るためのサービス「ブランドセーフアフィリエイト」を開発した、と7月22日発表した。7月30日に提供を始める。メディアのコンテンツ管理が効率的に可能で、広告主はリスクがコントロールできる。

アフィリエイトでは、広告を掲載するメディアのコンテンツを完全に把握することが難しいといった課題がある。近年では景品表示法、薬機法などの厳格化や、肖像権など広告主の管理責任範囲が広がり、メディアに掲載された内容の管理が求められるようになってきていることから、ブランドセーフアフィリエイトを開発した。

このサービスのブランドセーフ機能を利用すると、効率的で確実性の高いメディアコンテンツの管理が実現でき、広告主はリスクコントロールによって運用コストの軽減も可能になるという。サービスの詳細は7月30日に公表する。機能は継続的に拡張していく。初月のサービス利用料を無料にするキャンペーンも予定している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]