Grillが動画広告配信サービス「グッテレ」開始、キュレーションアプリ「Gunosy」に配信

Gunosyとサニーサイドアップの共同出資会社、ターゲットを絞って効果的に広告動画を配信
よろしければこちらもご覧ください

リサーチとコンテンツ事業のGrill(グリル)は、動画広告配信サービス「グッテレ」を2月4日に開始した、と同日発表した。商品やサービスを紹介する広告動画を制作し、情報キュレーション(収集・整理)アプリ「Gunosy(グノシー)」に配信する。価格は、15万回再生保証付きで最低45万円の試用のほか、再生保証回数や単価に応じたプランを用意した。



グッテレは、グノシーの利用者になるニュースなどの社会トレンドに興味がある若年層から高齢層までの男女を想定する。タブの選択や年齢・性別・居住地などターゲットを絞って効果的に広告動画を届ける。グノシーが取材し、商品やサービス、開発秘話や使用レビューなど、情報番組のように気楽に視聴できるコンテンツに仕上げるという。


サンプルキャプチャ インタビュー

Grillは、情報キュレーション(収集・整理)サービス事業のGunosyと、PR・プロモーション事業のサニーサイドアップの共同出資で2019年10月に設立された。大容量データの高速通信が可能な次世代モバイル通信規格「5G」の普及と、スマートフォンで視聴する動画広告市場の拡大を見込み、企業の動画を活用したPR需要を取り込む。


サンプルキャプチャ 開発者話

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]