スマートニュースが日本郵政キャピタルをリード投資家にした31億円の資金調達実施

米国市場での事業加速が目的、米国での事業はユーザー数が前年比で5倍以上に成長
よろしければこちらもご覧ください

スマートフォン向けのニュース閲覧アプリ「SmartNews」を運営するスマートニュースは、日本郵政の子会社で投資業務を手掛ける日本郵政キャピタルをリード投資家(資金調達をまとめる投資家)にした総額31億円の資金調達を行った、と8月5日発表した。米国市場での事業加速を目的にする。

米国での事業はユーザー数が前年比で5倍以上に増え、日本と米国を合わせると月間のアクティブユーザー数は2000万人になるという。今回、米国市場の成長をさらに推進するため資金調達した。これまでの累計調達額はこの31億円を含んで122億円にのぼり、世界的な開発体制の構築に投資する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]