リチカが8億円を資金調達、広告クリエイティブ運用の「リチカクラウドスタジオ」強化

累計調達額は約10.6億に、プロダクトの開発強化と採用・顧客支援の体制強化に充てる
よろしければこちらもご覧ください

広告クリエイティブ運用クラウド「リチカクラウドスタジオ」運営のリチカは、既存投資家と新規投資家を引受先とした約8億円の第三者割当増資を行い、累計調達額は約10.6億円になった、と9月28日に発表した。調達資金で「ネット広告の制作自動化」に向けた動画自動生成技術などプロダクト開発を進め、採用や顧客支援体制の強化に充てる。

 

リチカクラウドスタジオは、ネット広告でクリエイティブ制作や改善を実現するクラウドサービス。コロナ禍で広告内製化のニーズが高まり、ベネッセやカドカワ、セブン銀行など大手事業会社を中心に400社以上に導入され、SNS広告や屋外サイネージ(電子看板)、テレビCMなど月間2万本以上の動画広告を制作・改善してきた。

またクリエイティブ・テクノロジーの専門家集団やマーケティング研究機関によるデジタルマーケティング支援も提供している。既存株主は、みずほキャピタル▽新生企業投資▽FFGベンチャービジネスパートナーズ▽DIMENSION▽マネックスベンチャーズ。新規の株主は、GMO VenturePartners▽大和企業投資▽博報堂DYベンチャーズ▽rooftop。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]