iCAREが総額19億円を資金調達、企業向け健康管理SaaSの「Carely」の認知拡大を加速

シリーズEラウンド、健康ビッグデータ活用のプロダクト開発で人材採用、組織体制強化

健康管理システム「Carely(ケアリィ)」を開発・運営するiCARE(アイケア)は、第三者割当増資と金融機関の融資で総額19億円を調達する、と2月7日に発表した。リード投資家のインキュベイトファンドと、グローバル・ブレイン、Salesforce Ventures、三井住友海上キャピタルが増資を引き受けた。累計の資金調達額は43.8億円になった。

健康管理システムCarelyを開発・運営するiCARE

今回の資金調達は、シリーズEラウンドにあたる。調達した資金でCarelyの認知拡大と、健康ビッグデータを活用したプロダクト開発を加速し、人材採用と組織体制の強化に充てる。2016年3月に開発したCarelyは、累計契約企業数が500社を超え(22年1月時点)、アカウント数はサービス開始から年平均成長率121%で伸びている。

契約企業数の推移

健康診断やストレスチェック・長時間労働対策などの人事・総務の健康管理業務を削減するSaaSとして評価されたCarelyは、20年9月から蓄積した健康ビッグデータを活用した健康経営コンサルティングを提供。「持続的な事業成長を支える健康管理の基幹システム」として、従業員数1万人超の大企業でも導入が進んでアカウント数が伸びている。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]