クラウド郵便「atena」のN-TechnologiesがシリーズAラウンドの1億2500万円を資金調達

会社に届く郵便物を電子化して自宅から閲覧、マーケティングとオペレーション投資を強化

クラウド郵便サービス「atena(アテナ)」を提供するN-Technologiesは、千葉道場ファンドをリード投資家に、Coral CapitalとScrum Venturesを引受先とする第三者割当増資を行い、シリーズAラウンドで1億2500万円を資金調達した、と3月25日に発表した。2021年9月のプレシリーズAラウンド以来3回目で累計調達額は2億5500万円。調達資金をatenaのマーケティング活動とオペレーション投資の強化に充て、事業成長を加速する。

atenaは、会社に届く郵便物を全て電子化して、自宅のPCなどから郵便物の内容を閲覧できるサービス。郵便物をクラウド上で見たり・転送したりできる。郵便物の受け取り・管理・スキャニング・不要な郵便物の処理作業の全てシステムで一元管理できるので、郵便物の確認のためだけの出社が不要になり、リモートワークの推進や新しい働き方の実現に寄与する。エンタープライズ企業向けの「atena Cloud」もある。

引受先の千葉道場は「紙と共存してペーパーレスを目指す『クラウド郵便』の文化を広め、デジタルファーストなプロダクト展開を応援していく」とコメント。Coral Capitalは「リアルとデジタルの接点としてインフラのようなサービスになっていく」、Scrum Venturesは「オペレーション構築やサービスの信頼性担保がハードルとなりDXが進みづらかった領域で『atena』は急速に実績を伸ばし続けている」とコメントしている。

atenaの特長
導入企業(一部)
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]