ソネット・メディア・ネットワークス、独自開発の人工知能でDSP「Logicad」のターゲティングを刷新

人工知能「VALIS-Engine」の搭載で、ユーザーの性別、年代のターゲティング精度が向上

マーケティングテクノロジー事業のソネット・メディア・ネットワークスは、同社のDSP「Logicad」において、オーディエンスターゲティング配信の精度向上を目的としたエンジンの刷新を行った、と4月12日発表した。機械学習技術を基に同社のR&Dメンバーが開発した人工知能「VALIS-Engine」を新しいエンジンであるとして搭載したことにより、ユーザーの性別、年代のターゲティング精度が向上したため、広告効果の最適化を図ることができるという。

Logicadは、大規模な配信ログ、オーディエンスデータを高速で安定的に処理できるシステムインフラを備え、独自のアルゴリズムを用い、RTB(リアルタイム入札)にも対応した広告配信最適化プラットフォーム。Logicadに搭載したVALIS-Engineは、Logicadのログ情報を解析し、さまざまな課題に対して高精度な答えを導き出す。独自の機械学習アルゴリズムをベースに、「離散特徴量」や「連続特徴量」を用いて精度を高める特徴がある。

ソネット・メディア・ネットワークス
http://www.so-netmedia.jp/

Logicad
http://www.so-netmedia.jp/service/logicad.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]