ソネット・メディア・ネットワークスがLogicad Video Adsに機能追加、Google Ad Managerとの連携も開始

「インストリーム広告」と「アウトストリーム広告」を新たに追加
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/7/20 6:59

インターネットマーケティング事業のソネット・メディア・ネットワークスは、同社のDSP(デマンドサイドプラットフォーム=広告効果の最大化を支援する広告配信プラットフォーム)「Logicad」の動画広告配信メニュー「Logicad Video Ads」の機能拡充を7月18日より開始する、と同日発表した。

Logicad Video Adsの機能拡充では、動画コンテンツ内に動画広告を配信できる「インストリーム広告」、既存のバナー枠に動画広告が配信できるインバナー広告やスマホアプリ内にフルスクリーンの動画広告を配信するインタースティシャル広告などの「アウトストリーム広告」を新たに追加した。また、「Google Ad Manager」の動画在庫とも新たに接続を開始している。

今回の機能追加と動画在庫の接続により、動画広告配信におけるユーザーへのリーチが大幅に増大する。Logicad Video Adsでは独自のターゲティング技術を活用した動画広告の配信で、個別の商品やサービスに関心・関連性の高いユーザーへのアプローチが可能になるという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nonofo
「No nofollow」、すなわち「rel="nofollow"ではないリンク ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]