ソネット・メディア、ネイティブ広告の素材からクリエイティブを無料作成する「Logicad e-Creative」提供開始

入稿したネイティブ広告向け素材を基にクリエイティブを作成し、広告を配信
よろしければこちらもご覧ください

インターネットマーケティング事業のソネット・メディア・ネットワークスは、同社のDSP「Logicad」において、新機能「Logicad e-Creative」の提供を4月12日に開始する、と同日発表した。Logicad e-Creativeは、入稿したネイティブ広告向け素材(商品画像、ブランドロゴ、各種テキストなど)を基に、様々なサイズのクリエイティブ(バナー)を無料で作成し、ディスプレイ広告枠へ広告配信を行う。

Logicad e-Creativeは、「できるだけ簡易に、多様なクリエイティブサイズに対応できるようにしたい」との要望に応え、PC向けのビルボードサイズを含めた計12種類を用意し、提供開始することになった。提供開始に先がけて行ったテスト配信では、ネイティブ配信を実施していた広告主において、ビルボードサイズのLogicad e-Creativeを作成し、クリエイティブをディスプレイ広告枠へ配信したところ、ネイティブ広告配信と比較して、CTR(クリック率)が3.7倍になったという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]