ジー・サーチと日本マイクロソフト、クラウドベースのソーシャルメディア分析サービスで協力

ユーザーはExcelから直接サービスに接続でき、Microsoft Office製品と連携
岩佐 義人(Web担 編集部) 2013/11/14 2:04

データベース事業のジー・サーチと日本マイクロソフトは、「Microsoft Excel」をフロントエンドに使用するソーシャルメディア分析サービスを、マイクロソフトのパブリッククラウド「Windows Azure」上に展開し「ソーシャルメディア分析サービス GARNET(ガーネット)」として11月18日よりサービス提供を開始する、と11月13日発表した。「Facebook」や「Twitter」などのソーシャルメディアが発信する情報を蓄積・収集・分析するサービスで、ユーザーはExcelから直接サービスに接続でき、Microsoft Office製品と連携することから、分析からレポート作成業務までが効率化できる。ジー・サービスが保有するビジネス情報データベースやビッグデータ、ユーザーが保有するデータとの相互連携も可能で、より精度の高い分析が可能になるという。

ソーシャルメディア分析サービス GARNETは、「使い慣れたExcelを使って分析を行うためトレーニングが不要」「必要なグラフだけをMicrosoft PowerPointやMicrosoft Wordに転記できるため、簡単にレポート作成できる」「サーバからデータをダウンロードした後でExcelファイルを保存すれば、オフラインでの分析作業が可能」「アカウント分析とリスニングを1つのツールで行うため、運用作業の負荷が軽減」「複数の製品をブランドを横断的に評価する場合、同じ定義の指標で検証が可能」などの特長がある。

ジー・サーチ
http://www.g-search.jp/

日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/ja-jp/

用語集
Excel / Facebook / Office / Twitter / クラウド / ソーシャルメディア / データベース / ビッグデータ / 分析
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]