博報堂グループ、日本マイクロソフトと顔の特徴から広告を出しわける「Face Targeting AD」共同開発

疲れているときは栄養ドリンク、悲しいときは感動的な映画の動画広告などを出しわけ
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/3/10 7:00

博報堂と博報堂アイ・スタジオ、日本マイクロソフトは、共同で顔の特徴や感情に合わせて商品やサービスの広告を出し分ける広告配信システム「Face Targeting AD(フェイスターゲティング・アド)」を開発した、と3月9日発表した。Face Targeting ADは、その広告の前にいる人が誰であっても一様に同じ表示をするのではなく、疲れているときに栄養ドリンクを画面の中に提示したり、悲しそうな表情なら思い切り泣ける感動的な映画の動画広告を表示するなど、その人にぴったりの商品やサービスの広告を出しわける。

Face Targeting ADは、博報堂がコンセプトとクリエイティブ全般を、博報堂アイ・スタジオは顔認証の技術開発と特長別の広告配信システムの開発などを、日本マイクロソフトはクラウドプラットフォームサービスMicrosoft Azure上のAIサービス「Microsoft Cognitive Services」の実装などの技術開発サポートを行い、プロトタイプが実現した。Face Targeting ADは、動画、静止画を問わず表示できるなど、広告表現のバリエーションも豊富で、鏡の中に映った顔をバーチャルに変化させることで、メガネをかけたり、泣き出したり、シワがふえたりするような、驚きのある演出も可能だという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]