ポストインプレッション とは 意味/解説/説明 【post impression】

よろしければこちらもご覧ください

略語/フルスペル/訳語

post impression

広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効果を意味する。

広告の効果を測定する場合は、広告を見たユーザーがその場でクリックしたか、そしてコンバージョンに至ったかどうかという観点から測定することが多い。

しかし、その場ではクリックしなかったとしても、広告を見たことで企業名やサービス名を認知している場合、後日、広告経由ではない形でサイトを訪れてコンバージョンすることもある。そういった効果を「ポストインプレッション効果」と呼ぶ。

特にバナー広告のようなビジュアル訴求型の広告ではポストインプレッション効果を意識する価値はある。また、昨今ではリスティング広告のようなテキストベースの広告でもポストインプレッション効果があるとの調査結果もある。

ビュースルー率(VTR:View Through Rate)やビュースルーコンバージョン(View-through Conversions)と呼ばれることもある。

View-through Conversions(アドワーズ 広告 ヘルプ)

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィード
Webサイトの更新状況を伝えるために、コンテンツの見出し・概要・全体などを配信す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]