用語「セキュリティ」が使われている記事の一覧

全 186 記事中 101 ~ 150 を表示中

ページ

情報処理推進機構(IPA)は、WEBサイトのセキュリティ対策推進を目的に、「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」の報告書をとりまとめ、IPAのWEBサイトで6月8日に公開した。

インターネットセキュリティ事業のセキュアブレインは、年末年始のインターネット利用、企業のウェブサイトの安全性監視についての注意喚起を12月25日に発表した。

外部システムとの連携が前提で構築される最近のウェブサイトでは、発生するトラブルの原因もネットワークからアプリケーション、システム連携など様々です。 トラブルの要因は1つでも未然に排除することが、ウェブサイト構築には欠かせません。

ワダックスは2月22日、1社単独で1台のサーバーを利用できる専用型レンタルサーバー「@Next Style専用サーバー」の新プラン、「エントリープラン」の提供を開始した。

インターネットサービス事業のニフティは、中小企業向けのトータルIT支援サービス「まかせて情シス」を5月10日に始めた、と同日発表した。

インターネット接続サービスのインターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットの基盤技術に関する最新動向やセキュリティ情報を紹介する技術レポート「Internet Infrastructu

沖電気工業(OKI)は、未知のサイバー攻撃から利用者を守るサイバーセキュリティサービス「EXaaSマネージドセキュリティサービス」を5月24日より開始する、と同日発表した。

ホスティングサービス事業のKDDIウェブコミュニケーションズは、同社のホスティングブランド「CPI」において、専用サーバーのウェブアプリケーションファイアウォール・オプション(WAFオプション)

外部システムとの連携が前提で構築される最近のウェブサイトでは、発生するトラブルの原因もネットワークからアプリケーション、システム連携など様々です。 トラブルの要因は1つでも未然に排除することが、ウェブサイト構築には欠かせません。

セキュリティソリューションのラックは12月25日、同社のセキュリティ監視センターJSOCが11月に行ったGumblarウイルスに対する注意喚起、「Gumblarおよびその亜種に関する大量の感染について」の続報として、さらなる注意喚起を発表した。

外部システムとの連携が前提で構築される最近のウェブサイトでは、発生するトラブルの原因もネットワークからアプリケーション、システム連携など様々です。 トラブルの要因は1つでも未然に排除することが、ウェブサイト構築には欠かせません。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティに関するできごとやインターネットにつながる機器の利用拡大による新たな脅威など、情報セキュリティに関する状況をまとめた「情報セキュリティ白

IT施策を支える情報処理推進機構(IPA)は、中小企業の情報セキュリティ対策に関する検討を行い、具体的な対策を示す「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版を公開した、と11月16日

クラウド・デリバリー・プラットフォームのアカマイテクノロジーズは、Salesforce Commerce Cloud 向け「Akamai Connector」を6月19日提供する、と発表した

ホスティング事業のGMOクラウドは、ウェブサイトの安全性を高めるウェブセキュリティサービス「SiteLock(サイトロック)」を9月28日に始めた、と同日発表した。

Googleは、企業向けに無制限のストレージを提供する「Google Drive for Work」を6月26日、発売開始した、と同日発表した。

日本コモドは、同社の「Enterprise SSLサーバ証明書」が、国内3キャリアから2006年5月末までに発売されたSSL対応携帯端末(DoCoMo、AU、Vodafone)に100%対応したことを確認したと7月12日に発表した。

IT施策を支える情報処理推進機構(IPA)は、国家資格となる情報処理安全確保支援士制度の創設を踏まえ、情報処理安全確保支援士と現行の情報処理技術者試験「情報セキュリティスペシャリスト試験(SC試

KDDIグループでホスティングサービスを展開するKDDIウェブコミュニケーションズは、同社のレンタルサーバーサービスブランド「CPI」で1月11日から3月31日まで、「セキュリティーキャンペーン」を実施する、と1月11日発表した。

Webソリューションの彼方(かなた)は、同社のWebサイト構築・運用支援のCMS(コンテンツ管理システム)「彼方コンテンツマネジメントシステムALAYA(アラヤ)」の新バージョン「ALAYA7.

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど外部からの攻撃による事件・事故が後を絶ちません。それらの攻撃手法はウェブサイトの脆弱性を狙って実行されますが、93%のウェブサイトに何らかの脆弱性があったという統計もあり、多くのウェブサービスが危険な状況に晒されていると言えます。ウェブサイトの規模を問わず攻撃対象になり得る昨今、事件を起こさないためにもリスクを理解して適切な対策を施す必要があります。
SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど外部からの攻撃による事件・事故が後を絶ちません。それらの攻撃手法はウェブサイトの脆弱性を狙って実行されますが、93%のウェブサイトに何らかの脆弱性があったという統計もあり、多くのウェブサービスが危険な状況に晒されていると言えます。ウェブサイトの規模を問わず攻撃対象になり得る昨今、事件を起こさないためにもリスクを理解して適切な対策を施す必要があります。

システム開発・運用のアイレットは、アマゾンのクラウド「アマゾンウェブサービス(AWS)」の導入設計、構築、運用・保守、代行サービス「cloudpack(クラウドパック)」で、ウェブセキュリティサ

情報セキュリティの日本ベリサインとECサイトの認証サービスのトレードセーフは、ECサイトのトラブル解決をサポートするサービス「TradeSafeトラストマーク for VeriSign」の販売を7月1日に開始する、と6月23日に発表した。

ウェブアプリケーションセキュリティのセキュアスカイ・テクノロジーは、システム開発・製品のインテリジェントウェイブ、セキュリティ対策のデロイトトーマツリスクサービスとともに「セキュリティミッション

スマホ・タブレットを視野に入れたウェブサービスには、その特徴を視野に入れた セキュリティ対策が必要です。また、なりすましやフィッシング対策も今後ますます 取り組みが必要になります。 そこで効果を発揮するのが「常時SSL」「EV SSL」です。 効果的なSSLの使い方とその効果について、ご紹介するセミナーです。

セキュリティシステムの設計・構築・運用監視のセキュアヴェイルは、「クラウド時代の情報セキュリティ対策」セミナーを2月26日に大阪市北区で開催する。

外部システムとの連携が前提で構築される最近のウェブサイトでは、発生するトラブルの原因もネットワークからアプリケーション、システム連携など様々です。 トラブルの要因は1つでも未然に排除することが、ウェブサイト構築には欠かせません。

独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)は、小規模事業者を主な対象に「ウェブサイト開設等における運営形態の選定方法に関する手引き」を作成し、5月30日に公開した、と同日発表した。

IT施策を支える情報処理推進機構(IPA)は、2014年に発生した情報セキュリティの事故や事件のうち、影響が大きかった脅威からトップ10を選出し「情報セキュリティ10大脅威 2015」を2月6日

NTT東日本は、ネットワーク保守・運用、およびユーザサポートノウハウを活用した新たなセキュリティサービス「おまかせサイバーみまもり」を6月29日から提供する、と6月7日発表した。

セキュリティソリューションのラックは、セキュリティ関連情報と情報システム(IT)関連の技術情報などの報告書「ラックレポート2013SUMMER」を発行した、と8月6日発表した。

安全なウェブサイト維持に欠かせないSSLの基礎知識から、SSLサーバ証明書の申請に必要なCSRの生成、申請の具体的な進め方、証明書インストール後の確認項目まで、SSL導入に必要な流れを、2時間で学べるセミナーを開催いたします。

情報セキュリティのラックは、公開を始めて2回目となる「ラック レポート」を発刊し、11月13日「ラックレポート2013 AUTUMN」をWebサイトで公開した、と同日発表した。

Webサービスの神戸デジタルラボ(KDL)は、セキュリティ診断の専門的な知識を体験して覚える(ハンズオン形式)新サービス「セキュリティ診断トレーニング」の提供を7月11日に開始する、と同日発表し

大手SSL証明ベンダーの日本ベリサインは、同社の提供する「ベリサイン アイデンティティ プロテクション オンライン詐欺検出サービス(VIP FDS)」に、導入が容易なクラウド型の「ベリサイン アイデンティティ プロテクション オンライン詐欺検出サービスHosted(VIP FDS Hosted)」を追加、提供開始した

野村総合研究所系でセキュリティビジネスを展開するNRIセキュアテクノロジーズは、企業が世界中に点在する自社グループ関連のWebサイトを探索し、個々のWebサイトの状況やIPアドレスなどを明らかにして「棚卸し」するサービス「GR360」を12月8日に開始した、と同日発表した。

レンタルサーバー事業のワダックスは、1社で1台のサーバーを利用する専用型レンタルサーバー「@NextStyle専用サーバー」で新プランの「スーパーハイエンドRAIDプラン」を5月21日提供開始した、と同日発表した。スペックとセキュリティレベルを高めた。

ICTサービスのピーエスシーは、Webアプリケーションのセキュリティ診断を導入前に行うクラウドサービス「PCS Webアプリケーション脆弱性診断サービス」を8月1日に提供開始したと発表した。

セキュリティソリューションの神戸デジタルラボ(KDL)は、オープンソースのCSM(コンテンツ管理システム)「Wordpress」を使って構築したウェブサイト向けのセキュリティ対策支援サービス「P

セキュリティソリューションのラックは、同社のセキュリティ監視センター「JSOC」での監視サービス「JSOCマネージド・セキュリティ・サービス(MSS)」に、未知の悪質プログラム(マルウェア)を検

野村総合研究所系でセキュリティビジネスを展開するNRIセキュアテクノロジーズは、企業のWebサイト管理メニューを拡充し、6月4日から提供開始する、と同日発表した。

ホスティングサービス事業のGMOホスティング&セキュリティは、SaaS型のセキュリティサービスを取り扱う新ブランド「SecureStar」を立ち上げ、1月26日から無料でサーバーネットワークを監視する「AlertMe」を提供開始した。

IT施策を支える情報処理推進機構(IPA)やセキュリティサービスのサイバーセキュリティクラウド(CSC)などは、オープンソースのCMS「WordPress」にREST APIの処理に起因する脆弱

IT施策を支える情報処理推進機構(IPA)は、企業・組織のシステム開発者を対象に、情報セキュリティ全般に関する事例や状況をまとめた書籍「情報セキュリティ白書2016」を発行した、と7月14日発表

Webコンサルティングのクリエイティブホープは、CMO(マーケティング統括責任者)、マーケティング、Web事業、経営企画担当者を対象に、無料でITインフラに関するアドバイスを行う相談サイト「IT

レンタルサーバー・テレフォニーのリンクは、物理サーバーの追加・削除・コピーがコントロールパネルの操作で可能なベアメタル(OSが入っていない物理サーバー)クラウドサービス「ベアメタル型アプリプラッ

セキュリティソリューションのラックは、同社のセキュリティ監視センター「JSOC(Japan Security Operation Center、ジェイソック)」が収集し分析した2009年のインターネットの脅威傾向を「JSOC侵入傾向分析レポート」としてまとめ、3月17日発表した。

ジャングルは、同社の「SGアンチスパイ2」にファイアーウォールソフト「ZoneAlarm Pro」を同梱した、「SGアンチスパイ2 ファイアウォールパック」を7月20日に発売する。

セキュリティソリューションのラックが運営するサイバーリスク総合研究所のデータベースセキュリティ研究所は、Webサイトのセキュリティ対策をまとめたレポート「ログ解析から見えたWebが抱える脅威~無料ログ解析ツールSecureSite Checker Free(SSCF)の利用結果に基づく統計分析~」を10月1日に発表

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]