富士通マーケティング、中堅・中小企業向けクラウド型セキュリティサービス「BSTS」開始

中堅・中小企業の課題を解決、導入費用を軽減して必要な時に必要なだけ月額で利用可能
よろしければこちらもご覧ください

富士通子会社で情報システム・保守サービスの富士通マーケティングは、中堅・中小企業向けのクラウド型セキュリティサービス「BSTS(ビステス)」を3月に始める、と3月19日発表した。従来のマルウェア対策サービスに資産管理、Webフィルタリング、Web改ざん検知を加えた。攻撃の対象が中堅・中小企業まで拡大する中、人的資源の不足やITコスト削減、専門情報の不足といった中堅・中小企業の課題を解決する。

自社運用と違い管理サーバーが不要で導入費用が軽減でき、月額サービスで必要な時に必要なだけ利用可能なうえ、ライセンス更新も不要。マルウェア対策はパソコンやサーバーの不正プログラムの検出・駆除を行い、資産管理ではパソコンやモバイル資産のポリシーを一元管理する。WebフィルタリングはパソコンやモバイルのWebアクセスを制限し、Web改ざん検知はウェブサイトに含まれる不正プログラムを検知する。

富士通
http://jp.fujitsu.com/

富士通マーケティング
http://www.fjm.fujitsu.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]