「Wordpress」サイト向けセキュリティ対策支援「Proactive Defense for WordPress」開始

神戸デジタル・ラボ、ポータルサイトで脅威情報提供とセキュリティチェックサービス実施

セキュリティソリューションの神戸デジタルラボ(KDL)は、オープンソースのCSM(コンテンツ管理システム)「Wordpress」を使って構築したウェブサイト向けのセキュリティ対策支援サービス「Proactive Defense for WordPress」を3月10日に始めた、と同日発表した。セキュリティ情報の提供とセキュリティチェックを実施する。Wordpressはシェアの高さから攻撃者に狙われやすく、被害が深刻化していることから展開する。

セキュリティポータルサイト「WP PORTAL」を用意し、脅威情報提供サービスとセキュリティチェックサービスを行う。脅威情報サービスはアップデート情報や、独自のツールで監視・調査した攻撃ログから狙われやすいID・パスワードや攻撃対象のプラグイン、テーマなどをリアルタイムに伝える。チェックサービスはWP PORTALに登録したサイトに無料で実施。そのサイトにどんな脅威があるか調べ、簡易レポートで報告する。

神戸デジタルラボ
http://www.kdl.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]