日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ファッションECでチャリティ品販売広がる

東日本大震災の被災者支援を目的としたチャリティグッズを販売する取り組み

ファッションECサイトの間で、東日本大震災の被災者支援を目的としたチャリティグッズを販売する取り組みが広がっている。

千趣会(本社大阪市)の子会社で若年女性向けファッションECサイトを運営するモバコレ(本社東京)は3月24日からチャリティTシャツの販売を開始。ワールド(本社神戸市)は3月28日に、ECサイトでチャリティTシャツの販売を始めたほか、女性向けファッションECのファッションウォーカー(本社東京)もチャリティブレスレットを販売している。3月15日から販売しているスタートトゥデイ(本社千葉市)のチャリティTシャツは3月29日時点で15万枚を超え、3億円強の売り上げになっている。

モバコレは支援プロジェクトを立ち上げ、女性クリエイターとチャリティTシャツを製造。1枚2000円で販売し、全額を寄付する。第2弾として、タレントの中川翔子さんとの共同制作したTシャツも予定している。

ワールドは95年に、神戸の復興を祈って制作した復興支援Tシャツに使用したメッセージと同じものをプリントし、チャリティTシャツとして販売した。

ファッションウォーカーは女性シンガーの倉木麻衣さんたちとチャリティブレスレットをつくり、販売している。グッズの売り上げは全額寄付する。

・モバコレ
http://web.mbkr.jp/special/charity201103_01

・ワールド
http://directstyle.world.co.jp/sp/charity/project/love_peace_care/index.html

・ファッションウォーカー
http://fashionwalker.com/love/

・ZOZOTOWN
http://zozo.jp/one/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]