「空飛ぶクルマ」試作機が浮上実験に成功、NECが管理基盤構築を本格化 | ネットショップ担当者フォーラム

このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「「空飛ぶクルマ」試作機が浮上実験に成功、NECが管理基盤構築を本格化」 からご覧ください。

NECは8月5日、「空飛ぶ車」の実用化に向けた試作機の浮上実験に成功したと発表した。「空飛ぶクルマ」の移動環境に必要な管理基盤の構築を本格的に開始するという。

試作機の浮上実験は千葉県内のNEC我孫子事業場で実施。試作機の大きさは全長約3.9m、幅3.7m、高さ約1.3mで、飛行制御のソフトウェアやモータドライバなどを新たに開発し、搭載したという。

NECは「空飛ぶ車」の実用化に向けた試作機の浮上実験に成功したと発表
空飛ぶクルマの試作機
官民プロジェクト「空の移動革命に向けた官民協議会」に参加

NECは経済産業省と国土交通省が設立した「空の移動革命に向けた官民協議会」に参加している。また、「空飛ぶクルマ」の開発活動団体「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営するCARTIVATOR Resource Managementとスポンサー契約を締結し、「空飛ぶクルマ」の機体開発の支援などを進めている。

今後、航空管制システムや衛星運用システムなどで培った、管制技術や無線通信技術、無人航空機の飛行制御技術などを活用し、「空飛ぶクルマ」の実用化をめざす。

ヤマトHDも2020年代半ばの実用化をめざす

「空飛ぶクルマ」の開発をめぐっては、ヤマトホールディングスも2020年代半ばまでの実用化をめざしている。荷物を電動式の垂直離着陸機(eVTOL機)で運ぶ「空の輸送」を計画。米ヘリコプターメーカーのベルヘリコプターと提携し、機体の開発を進めている。

ヤマトホールディングスは荷物を電動式の垂直離着陸機(eVTOL機)で運ぶ「空の輸送」の実現をめざす
ヤマトホールディングスは荷物を電動式の垂直離着陸機(eVTOL機)で運ぶ「空の輸送」の実現をめざしている

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:「空飛ぶクルマ」試作機が浮上実験に成功、NECが管理基盤構築を本格化
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

渡部 和章
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

コミッション
手数料や歩合を意味する語句。 広告代理店やアフィリエイト事業者は、広告主が ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]