導入していないともう古くさい?Google推奨のPWAとは

「PWA」は名前を聞いたことがあっても、どういった技術か知らない人がほとんどでしょう。トレンド技術に関してもある程度知識を持っていないといけないのがWebマーケターの辛いところです。技術者以外にもわかるように細かく解説するのでぜひ最後まで読んでみてください。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

PWAとは

PWAとは「Progressive Apps」の略で、Webサイトにアプリのような機能を備える技術のことです。

たとえばスマホのホーム画面にアイコンを表示する、プッシュ通知を受信するといったことが可能です。

TwitterやSUUMO、日経新聞社などのサイトではすでにPWAが導入されており、マーケターが今注目すべき技術分野の一つと言えます。なぜ注目すべきかというと、若い人は遠くにスマホ=アプリという認識があり、アプリの使用率が高いからです。

「Grab」ではPWAとAMPの違い、ネイティブアプリとの違いについて詳しく解説しています。

気になる方はぜひ「Grab」でご一読ください。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]