アジアと欧米諸国、訪日国上位5位の長期休暇はどのくらいあるの?

訪日外国人観光客TOP5の各国1年間の祝祭日や有給取得率を調べてみました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

いよいよ、9月からラグビーワールドカップが始まりますね。
ここ最近になって日本人の認知度が7割を超えたようですが、実は夏季オリンピック、FIFAワールドカップとともに、世界3大スポーツイベントでもあるのです。

訪日外国人観光客の増加が見込めるこのイベンドは、約1か月続く行事になります。流石にこのためだけに1か月丸々滞在する訪日外国人観光客は居ないと思うのですが、、、いずれにしてもこのイベントのために休みを取っていることは間違いないと思います。

そこで、アジアおよび欧米諸国それぞれの訪日外国人観光客TOP5の各国1年間の祝祭日をまとめてみました。

 

▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w010_201909.html

 



 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]