Facebook広告に否定的なコメントが……。これって削除すべき?ネガティブコメントの予防と対処方法

Facebookのネガティブコメントは「すべて潰す」のではなく、あえて反応しなくていいものも存在します!検証結果を基に、投稿を減らしたり目立ちにくする方法を解説
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

FacebookやInstagramでは、他人の投稿にコメントをつけることができます。これは通常の友人の投稿以外に、広告として流れてきた投稿にもできてしまうのです。当然コメントの中には、ネガティブなものがたまに発生します。経験上、どんな製品・サービスでも、ネガティブコメントが発生してきます(泣)。

私は、広告に投稿されるネガティブコメントを下記のように分類し、対応を決定しています。

ネガティブコメントの分類

分類詳細対応
暴言暴言や差別などの表現。汚い言葉使い。削除
政治・宗教・文化宗教に纏わるもの。宗教上の信仰を強要するなど。削除
外部リンク広告の内容とはまったく関係のないリンクが記載されたコメント。もしくは特定の語句への検索誘導を伴うもの。削除
否定的なコメント表現上は問題なく、内容が否定的なもの。

反応しない or 返信する

私が初めてネガティブコメントを発見したとき、真っ先に思いついたのは「徹底的に潰す!」でしたが、冷静に考えてみるとあえて反応しなくても良いコメントが実は存在するのでは?と気付きました。

今回はその「反応しなくても良いネガティブコメント」についてお話させていただきます。

記事の続きはこちらから

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VOC
「顧客の声(Voice of Customer)」の意味。 SNSなどのC ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]