データフィードの視点からCriteo(クリテオ)、GoogleAdWordsのリターゲティング広告を最適化

Criteo(クリテオ)、GoogleAdWordsの動的リマーケティングの導入、成果改善を実施します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

リターゲティング広告の改善手法

Eコマース、人材、不動産、旅行などWebサイトで直接コンバージョンが発生する業種において、
Criteo(クリテオ)などデータフィード型のリターゲティング広告を導入する広告主の増加に伴い、
広告改善の手法についても関心が高まっています。

運用型広告の成果向上に、入札価格や配信内容など運用面の最適化は欠かせません。
しかしながら、運用面でのチューニングに比べ、掲載面に使用する商品データのチューニング(データフィード最適化)については、まだまだ後回しになっている広告主様も多いのではないでしょうか。

改善の余地を見落としていませんか?

改善箇所として、具体的には、配信用データの商品単位でのグルーピング、データ品質の向上、サイト上での適切なタグ設定などで、改善の余地を発見するケースが多くあります。

以下のような課題をお持ちではありませんか?

・CriteoやGoogleのリターゲティング広告を導入したい
・データフィード作成やタグ設定がネックで広告を開始できない
・現在の広告運用に不満。もっと投資効率UP、売上拡大したい

ご希望の企業様への事前調査やシミュレーションは無料で実施いたします。
»詳細はこちら

広告メニューのご紹介

Criteo(クリテオ)

Criteoは、Yahooの配信面に広告配信が可能なレコメンド型のリターゲティング広告です。ユーザーの閲覧履歴と商品情報をもとに、独自エンジンによるレコメンド配信を実施するため費用対効果が高い広告です。一般的なサイトでは、サイト訪問者の98%〜99%がコンバージョンに至りません。このお客様に再度アプローチするのがリターゲティング広告です。

動的リマーケティング(GDR)

動的リマーケティングは、レコメンド型のリターゲティング広告です。ユーザーが過去に閲覧した商品(サービス)をフックに、外部サイトに広告を表示します。一般的なサイトでは、サイト訪問者の98%〜99%がコンバージョンに至りません。このお客様に再度アプローチするのがリマーケティング広告です。

商品リスト広告(PLA)

商品リスト広告は、Googleの検索結果および掲載面に画像つきの広告を掲載するGoogleAdWordsの配信手法の一つです。広告の掲載面に商品画像を含む商品データを表示するため、通常のテキスト広告に比べて訴求力が高いのが特徴です。

»広告メニューの詳細はこちら

お問い合わせ先

広告媒体に関する不明点や、データフィード最適化の方法など、まずはお気軽にご相談ください。

コマースリンク株式会社
お電話: 03-5493-4980
メール: ec-support@commercelink.co.jp
URL : http://www.commercelink.co.jp/dfad

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]