ビジネス用クリエイティブツール「LINE Creative Lab」が「Adobe Express」との連携開始

LINEヤフーとアドビの協業の一環、デザイナーなしでも質の高いクリエイティブが制作可能

LINEヤフーは、同社が提供するビジネス用クリエイティブツール「LINE Creative Lab」がアドビのコンテンツ制作アプリ「Adobe Express」との連携を始めた、と2月28日発表した。デザイナーがいなかったり、運用担当者がクリエイティブを作ったりしている企業でも、質の高いクリエイティブの制作が容易に可能になり、作業の手間も削減する。

LINEヤフーとアドビが2023年10月に公表したクリエイティブ創作支援のための協業の一環。LINE Creative Labは、コミュニケーションアプリ「LINE」の広告や公式アカウント用の静止画像、アニメーション、動画が簡単に作成できるツール。Adobe Expressは、デザイン経験がなくてもテンプレートを使って魅力的なコンテンツが制作可能なアプリ。

LINE Creative Labは、Adobe Expressとの連携によってLINE広告ではAdobe Express内のLINE広告専用の200点以上のテンプレートが使え、LINE公式アカウントではリッチメニュー210点、リッチメッセージ35点のテンプレートや素材と編集機能でクリエイティブの作成が可能になった。テンプレートは、LINE Creative Labユーザーは基本的に無料。

「Adobe Express」内にあるテンプレート一例
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]