AJAが「AJA OTT Ads Platform」でCTVに特化した動画広告「インクリー」の提供を開始

テレビ離れのユーザーにリーチが可能、テレビの大画面を生かすことで訴求効果を向上

インターネット広告事業のサイバーエージェントの子会社で広告技術事業のAJA(アジャ)は、インターネット回線を通したコンテンツ配信(OTT)サービスの広告主向けマーケティングソリューション「AJA OTT Ads Platform」で、コネクテッドテレビ(CTV)に特化した動画広告「インクリー」の提供を始める、と2月3日発表した。テレビ離れのユーザーにリーチが可能になる。

CTVはインターネット回線に接続したテレビ端末で、CTV広告はCTVに配信される動画フォーマットを中心にしたデジタル広告を指す。CTVは近年急速に普及。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛もあり、テレビ端末でのインターネット動画配信サービスの視聴需要が増え、CTVに配信される広告の量も増加している。こうした背景からAJAはインクリーを展開する。

インクリーは、テレビ機器で国内のプレミアム動画配信サービスを視聴しているユーザーに動画広告が配信できる。テレビCMと同じように、テレビの大きな画面を生かすことで訴求効果を高められるという。テレビ離れをしたユーザーにアピールが可能で、地上波テレビのCMとの相乗効果も見込まれ、インクリメンタルリーチ(追加リーチの純増分)の最大化につなげられる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]