AJAがOTT特化の広告主向けマーケティングソリューション「AJA OTT Ads Platform」開始

サイバーエージェント連結子会社、OTT領域の取扱高が1年で2倍になり従来メニューを統合
よろしければこちらもご覧ください

サイバーエージェントの連結子会社でアドテクノロジー事業のAJA(アジャ)は、広告主向けマーケティングソリューション「AJA OTT Ads Platform」の提供を始めた、と12月7日に発表した。映像配信のOTT(Over The Top)サービスに特化して、これまで提供してきたDSP(広告主向け広告配信プラットフォーム)の「AJA DSP」とインターネットに接続したコネクテッドテレビ向けの動画広告メニュー「INHOUSE VISION」を統合した。

 

オンライン動画コンテンツの需要がコロナ禍の「巣ごもり消費」で急増した。OTT領域の広告出稿ニーズも増加傾向にあり、取扱高はこの1年で約2倍に拡大している。オンライン動画コンテンツを楽しむ視聴者の増加が続き、動画広告のさらなる市場拡大が今後も期待できるため、AJAは動画広告メニューを刷新し、OTTサービスに特化した広告プロダクトの開発を今後も進めていく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]