「YouTube」の18歳未満投稿者に適用するデフォルトプライバシー設定を非公開動画に

子供の安全な利用に向けた保護対策、休憩とおやすみ時間の通知もデフォルトでオンに
よろしければこちらもご覧ください

YouTubeは、18歳未満の「YouTube」投稿者に適用するデフォルト(標準設定)のプライバシー設定を非公開動画にする、と9月6日発表した。今後数週間をかけて調整していく。非公開動画は公開が最も制限されたオプション。18歳未満のユーザーの安全な利用を目的にした保護対策となる。

非公開動画の設定でコンテンツを見られるのは、投稿者と、投稿者が指定したユーザーだけ。コンテンツ公開時にデフォルトのプライバシー設定の変更は可能だが、誰が閲覧できるかを示すリマインダーを表示。慎重な選択を促して自らよく理解したうえで判断するようにサポートする。

さらに、若年層ユーザーがデジタル機器の使用状況を把握するのに必要な機能を提供。13~17歳のユーザーに対し、休憩とおやすみ時間の通知をデフォルトでオンにするとともに、自動再生をデフォルトでオフにする。13歳未満向け「YouTube Kids」もアプリでの自動再生をオフにする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]