電通デジタルが楽天市場の広告運用を改善する独自の運用ソリューションを提供開始

最適なキーワードの取得と入札単価の算出・反映が可能になり広告パフォーマンスが向上
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、ECモールを分析する同社の「コマースデュアルファネルビジュアライザー」を、楽天向けに独自活用した広告運用ソリューションの提供を3月18日から始めた、と同日発表した。楽天のショッピングモール「楽天市場」の見込み客に効果的にアプローチする運用型広告「RMP - Sales Expansion」で最適なキーワードを取得し、入札単価の算出に反映して広告効果を改善する。

楽天市場における独自広告運用ソリューションの概要

 

電通デジタルのコマースデュアルファネルビジュアライザーは、ECモール内の顧客行動データを収集・分析して、顧客の認知から興味関心、購入、ロイヤル化まで網羅的に可視化する。楽天向けの独自ソリューションでは「効果的なキーワード候補のレコメンド」「キーワード別の掲載順位調査」を抽出する。最適なキーワード取得や入札単価の算出と反映によって運用型広告のパフォーマンスを向上させる。

楽天は、販促支援のSales Expansionで、メーカー企業が楽天市場で販売する自社商品の運用型広告を、その商品と関連性が高いキーワードの検索結果に表示することで認知獲得や販売促進につなげてきた。電通デジタルは、楽天が保有するビッグデータ活用で合弁設立した楽天データマーケティングとディスカッションを重ね、Sales Expansionの機能や仕様の質向上につながる知見やノウハウを獲得してきた。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]