サイバーエージェントがCGで作成した架空人物の「広告効果の出せるAIモデル」を提供開始

「極予測AI人間」で企業やブランドに適した架空AIモデルを生成、多様な髪型やポーズに
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告事業のサイバーエージェントは、企業やブランドのターゲティングに適した架空の人物モデルをCGで大量に生成して、AI(人工知能)で「広告効果の出せるAIモデル」へと育成する「極(きわみ)予測AI人間」を11月から提供する、と10月28日に発表した。細かなターゲット設定ごとに架空人物の服装や髪型を作り分けることができる。

 

AIを活用して広告クリエイティブを制作する同社の「極予測AI」の効果予測技術と、100%子会社でデジタルヒューマンCG制作に強いCyberHuman Productionsと連携。「GAN(敵対的生成ネットワーク)」で架空のAIモデルを大量生成し、極予測AIの効果予測を繰り返して企業やブランドに適した「オリジナルのAIモデル」を生成する。

 

GANで架空のAIモデルを大量生成

オリジナルAIモデルは多種多様な髪型やポーズ、ファッション、シチュエーションの表現ができる。コロナ禍による実在人物モデル起用の困難さやロケ撮影の制約はない。人材▽通販▽金融▽マッチング業界ごとのターゲット設定に即して服装や髪型を作り分け、広告配信後の実績データも加味して「広告効果の出せるAIモデル」として育てていく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ナビゲーション
サイトの訪問者が、サイト内で目的のコンテンツを探したり、サイト内の他のコンテンツ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]