コロナ禍 とは 意味/解説/説明

用語「コロナ禍」が使われている記事の一覧

全 9 記事中 1 ~ 9 を表示中

「第59回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」で「新宿東口の猫」など最高賞に

消費者審査員が生活者の視点で選考、不安なコロナ禍を勇気づける明るい作品が受賞
小島昇(Web担編集部)1/14 7:023970

ORIGRESS PARKSがレジャー施設のサブスク・年パスアプリ「レジャパス!」を提供

80カ所以上のレジャー施設が1つのプラットフォーム上で入場枠を開放するのは日本初
小島昇(Web担編集部)2021/12/10 7:03430

電通グループが「世界の広告費成長率予測」で22年は9.2%を予想、デジタル広告が牽引

21年は17.0%でマイナスの20年から急回復、デジタル広告の構成比は22年に初の50%超に
小島昇(Web担編集部)1/31 7:01490

サイバーエージェントがCGで作成した架空人物の「広告効果の出せるAIモデル」を提供開始

「極予測AI人間」で企業やブランドに適した架空AIモデルを生成、多様な髪型やポーズに
小島昇(Web担編集部)2020/10/29 7:02370

「LINEギフト」の2021年総流通額が前年比330%に増加、累計ユーザー数は2000万人超

2021年12月の総流通額が前年比440%超、クリスマスイブとクリスマス当日は過去最多
小島昇(Web担編集部)1/27 7:02380

「Instagram」レストラン予約機能のパートナー拡充、グルメメディア「ヒトサラ」と提携

「ぐるなび」「TABLE REQUEST」に続く同機能の国内パートナー、コロナ禍の飲食店を支援
山川 健(Web担 編集部)2021/4/22 7:01230

【コロナ禍で再注目!】A/Bテストの種類 ~ A/Bテスト・多変量テスト(MVT)・複数ページテスト(ファネルテスト)・リダイレクトテスト

Withコロナ・ニューノーマルと呼ばれ、インターネットの利用が大きく伸びている中で、A/Bテストが再び注目されるようになっています。たしかにA/Bテストは、地味な印象はあるかもしれませんが、コツコツと着実にWebサイトを改善して成果を積み上げていくことができるストック型の施策と言えるのではないでしょうか? 今回はA/Bテストの種類をご紹介します。
株式会社イー・エージェンシー2020/9/11 9:35000

「社内にそのまま展開できるコロナ禍における企業のソーシャルリスク」社内啓蒙用チェックシートを無料公開

コロナウイルスの影響で懸念されるソーシャル炎上リスクとその注意点を解説します
アディッシュ2020/4/27 16:50250

【コロナ禍のご挨拶】デジタルギフトを活用した最新営業手法【無料ウェビナー】

このたび、年末年始のご挨拶にデジタルギフトを活用した最新手法について無料オンラインセミナーを開催いたします!
株式会社デジマース2020/11/19 20:04010
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]