「第59回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」で「新宿東口の猫」など最高賞に

消費者審査員が生活者の視点で選考、不安なコロナ禍を勇気づける明るい作品が受賞
よろしければこちらもご覧ください

日本アドバタイザーズ協会(JAA)は1月13日、「第59回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」の入賞作品を発表した。最高賞の「JAA賞グランプリ」に森永乳業、味の素、九州旅客鉄道、西日本シティ銀行、LINE Fukuoka、パナソニック、日本芸能実演家団体協議会、クロススペースが選ばれ、経済産業大臣賞にはサントリーホールディングスが受賞し、全65作品が入賞した。

JAA広告賞は審査員に広告関係者を含まず、広告の受け手の消費者が生活者の視点で選ぶ。今年度は2019年10月1日から2021年9月30日に放映・掲出・掲載された広告を対象に新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、デジタル、屋外・交通の6部門に計1530点が応募。「好感、共感、親近感がもてる(感性)」「わかりやすく、納得できる(理性)」「オリジナリティが感じられる(創造性)」を審査基準に119人の一般消費者審査員が約1カ月選考した。

JAA賞のグランプリ受賞作品

  • 新聞広告部門
    森永乳業「海に行けないみなさんに、海から会いにきました。~飛び出す癒やし新聞~」
  • 雑誌広告部門
    味の素「よくがんばりませんでした」
  • テレビ広告部門
    九州旅客鉄道、西日本シティ銀行、LINE Fukuoka「流れ星新幹線」
  • ラジオ広告部門
    パナソニック「Voice of Home 帰っておいでアナウンス(娘)篇」
  • デジタル広告部門
    日本芸能実演家団体協議会「ライブのリレー」
  • 屋外・交通広告部門
    クロススペース「新宿東口の猫」
新聞広告部門 森永乳業
「海に行けないみなさんに、海から会いにきました。~飛び出す癒やし新聞~」

(審査員コメント)新聞が立体になるなんてすごい! コロナ禍で外出もままならないご時世に、動物から会いにきてくれるアイデアがとてもよい。子供も楽しめる広告。

雑誌広告部門 味の素
「よくがんばりませんでした」

(審査員コメント)コロナ禍で家族の食事作りにおわれるなか、手間をかけない、それでもいいんだと気が楽になった。手抜きをほめる逆説性が面白い。

テレビ広告部門 九州旅客鉄道、西日本シティ銀行、LINE Fukuoka
「流れ星新幹線」

(審査員コメント)人々の願いが乗った素敵な取組みで、不安が多い中でも夢や希望を持ち続ける、勇気あるメッセージが伝わってきた。

ラジオ広告部門 パナソニック
「Voice of Home 帰っておいでアナウンス(娘)篇」

(審査員コメント)子供のメッセージは心に残る。日本のほとんどの企業が抱えている形骸化した定時退社の取組みとして、とてもよいアイデアだと思う。

デジタル広告部門 日本芸能実演家団体協議会
「ライブのリレー」

(審査員コメント)生で観る楽しみが減ってしまい、心から応援したいと思った。こんな時だからこそのライブ・音楽・舞台芸術の力を感じた。

屋外・交通広告部門 クロススペース
「新宿東口の猫」

(審査員コメント)話題性・トレンド感があり、日本のランドマークとなるか楽しみ。コロナ禍の不安な時だからこそ、ユーモアと驚きが大切。今年最高の屋外広告。

経済産業大臣賞の受賞作品

  • テレビ広告部門
    サントリーホールディングス「宇宙人ジョーンズ・宇宙人からのアドバイス篇」
テレビ広告部門 サントリーホールディングス
「宇宙人ジョーンズ・宇宙人からのアドバイス篇」

(審査員コメント)感染対策のアドバイスを、ユーモアを交えながらもきちんと伝えている。苦境に立ち向かう気力と勇気を与えてくれた、メッセージ性の高いCM。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]