ソフトブレーン、アドビ、primeNumberの3社がCRM/SFAとMAツールの営業商談情報を連携

「eセールスマネージャー」と「Adobe Marketo Engage」の連携を「trocco」でサポート

営業課題解決のソフトブレーンとアドビ、データテクノロジー事業のprimeNumber(プライムナンバー)の3社は、営業商談情報を連携するソリューションを合同で提供する、と1月13日に発表した。ソフトブレーンのCRM/SFA(顧客管理/営業支援)ツール「eセールスマネージャー」とアドビのMA(マーケティング自動化)の「Adobe Marketo Engage」との連携を、primeNumberのデータ統合自動化サービス「trocco」でサポートする。

これまでeセールスマネージャーとMarketoの連携には大きなエンジニアリング工数やコストがかかっていたが、troccoよる連携サポートでこれらを大幅に削減。商談情報の受注・失注の情報で顧客に送るメッセージ内容を最適化できる。eセールスマネージャーの画面で見込顧客のWebページ訪問などMarketoデータを営業が見ることができるので、得られた知見を基に提案の幅を広げたり、成約率を上げたりすることが可能になる。

ソリューション概要

Marketo内の施策と案件の受注金額の情報が紐づくので、施策を金額ベースで振り返り、今後の施策の成功率を高められる。既存のeセールスマネージャーとMarketoのユーザーは、それぞれMarketoやeセールスマネージャーを導入することでマーケティングや営業の成果を最大化でき、既存のtroccoユーザーもeセールスマネージャーやMarketoと自前のデータ分析基盤を連携することで、より幅広いデータ活用が可能になる。

用語集CRM / SFA / MA
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]