イベント・セミナー

「第2回Webグランプリ」Web人大賞は良品計画 奥谷孝司、企業グランプリ部門は日清食品とサントリーがグランプリ

Web人部門大賞に良品計画 奥谷孝司氏、サイト賞とプロモーションサイト賞グランプリは日清食品とサントリーがそれぞれ受賞
よろしければこちらもご覧ください

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は、「第2回Webグランプリ」の贈賞式を12月4日に都内会場で開催し、グランプリおよび各賞を表彰した。

第2回Webグランプリ
http://award.wab.ne.jp/

Webグランプリは、大きく2つの部門、デジタル社会の発展に貢献した人をたたえる「Web人部門」と、見本となる優れた企業Webサイトをたたえる「企業グランプリ部門」で構成される。贈賞式では、「Web人賞」「企業グランプリ」、中高生が審査する「スチューデント部門」贈賞のほか、当日発表の「浅川賞(アクセシビリティ賞)」グランプリ贈賞が行われた。

Web人部門

Web人部門の各賞は、有識者で構成されるWeb人選考委員会による審査会と、Web広告研究会幹事会の審議によって決定される。選考基準は次の5つ。

  1. Web社会で目立った人「話題性」
  2. Web社会で社会に役立った人「社会貢献性」
  3. Web社会で新しいことをした人「新規性・先進性」
  4. Web社会で楽しいことをした人「有用性・継続性」
  5. Web社会で便利なモノを開発した人「利便性」

審査の結果、本年度の「Web人大賞」は良品計画の奥谷孝司が受賞。奥谷氏は、オムニチャネルやビッグデータという言葉が注目を浴びるなか、それをMUJIpassportアプリを軸にいち早く実現した取り組みが評価された。また、デジタルと実店舗のデータを結びつけてサービスを提供する仕組みは、一部門だけでは成り立たない。社内の他部門を巻き込む力、経営層を納得させる力、プロデュース力など、今後のデジタルマーケティング担当者に必要な力を発揮したことも評価した。

また、優秀賞には「ZOZOTOWN」を通じファッション業界で難しいとされてきたECを一般化させて業績を伸ばし、従来のCRMを顧客目線で再定義した「カスタマーフレンドシップマネジメント」を展開するスタートトゥデイの清水俊明氏と、東急ハンズの社内システムの内製化・クラウド化をいち早く進め、そのノウハウを生かしたハンズラボを設立、社外にまで活動を広げ収益源とするハンズラボの長谷川秀樹氏が受賞した。

前列左から、Web人受賞者の長谷川秀樹氏(ハンズラボ/東急ハンズ)、奥谷氏代理の松崎寛士氏(良品計画)、清水俊明氏(スタートトゥデイ)
後列左から、本間充氏(Web広告研究会代表幹事)、森勇一氏(サッポロビール/第1回WebグランプリWeb人大賞)、田中滋子氏(Webグランプリプロジェクトリーダー)、藤川達夫氏(JAA専務理事)

Webグランプリ部門

企業グランプリ部門は、参加企業各社、そのパートナー企業から審査員を選出し、他社サイトを相互評価。本年度は44社が参加し、企業サイト賞ノミネートが58サイト、プロモーションサイト賞ノミネートが41サイトとなった。審査の結果、企業サイト賞グランプリを「日清食品グループサイト」(日清食品ホールディングス)、プロモーションサイト賞グランプリを「3D on the Rocks」(サントリーホールディングス)が受賞した。各賞の受賞企業は次の通り。

企業サイト賞
プロモーションサイト賞

このほか、一次審査と二次審査を合わせて、参加企業のなかで最多得票数を獲得したコニカミノルタには、特別賞が贈られた(「Giving Shape to Ideas スペシャルサイト」「絶滅危惧動物図鑑 みんなで守ろうぼくらのなかま」「ランニングプロジェクト」の3サイトでエントリー)。

スチューデント部門

スチューデント部門は、企業が有する子供向け、青少年向けサイトを実際の利用者層である慶応義塾湘南藤沢中等部・高等部の2年生174人(中等部82人、高等部92人)が選考委員なって評価した。サイトの評価、改善点のコメントのほか、再訪問の意欲や、責任者だったらどんな施策をしたいかなど聞いている。

スチューデント部門の応募は12サイト、グランプリは「EYE SEE ユニセフ子ども写真プロジェクト」(ソニー)と、「Microsoft アカウント de ハッピーライフ」(日本マイクロソフト)が同時受賞した。

スチューデント部門

浅川賞(アクセシビリティ部門)

浅川賞は、Webグランプリにノミネートした全99サイトを対象にアクセシビリティのツール診断を行い、審査員推薦などによって優秀な10サイトを選出。優秀10サイトのなかから、「SECOM/女性の防犯対策情報サイト 女性のためのあんしんライフnavi」(セコム)がグランプリを受賞した。

また、特別賞の「見出しがなくともわかるで賞」をセイコーウオッチの「時ノ技<toki no waza>」が、「表でチャレンジ賞」を岩崎電気の「創立70周年 - 感謝を光にのせて」サイトがそれぞれ受賞した。

浅川賞(アクセシビリティ部門)

第2回Webグランプリ
http://award.wab.ne.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]