「LINEギフト」の2021年総流通額が前年比330%に増加、累計ユーザー数は2000万人超

2021年12月の総流通額が前年比440%超、クリスマスイブとクリスマス当日は過去最多

LINEは、通信アプリの「LINE」を通じて「友だち」にプレゼントを贈ることができるサービス「LINEギフト」で2021年12月の総流通額が前年比440%超となり、21年の年間総流通額は前年比330%、贈ったりもらったりした累計ユーザー数が21年12月時点で2000万人を超えた、と1月26日に発表した。

 

LINEの「トーク」で住所を知らず、直接会えなくてもギフトを贈り合うLINEギフトは、15年4月にサービス開始。コロナ禍の2021年は、会えなくても贈れるソーシャルギフト需要が高まった影響で、誕生日や結婚祝いなどライフイベントから、バレンタインやクリスマスなどのシーズナル(季節)イベントでの利用者数が軒並み過去最高だった。

クリスマスイブとクリスマス当日の利用者数・利用件数は、ともにサービス開始以来最多だった。「会えないけれど気持ちを伝えたい」というユーザーの気持ちを実現するコミュニケーションとして想起されるようになり、LINEギフトが新たなギフト文化として生活に浸透してきている、とLINEは分析している。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]