AppsFlyerがモバイル広告のアトリビューションやコストを一元管理する「Xpend」を開発

断片化したデータを一元化、迅速で正確な分析でマーケティングパフォーマンスを最適化
よろしければこちらもご覧ください

モバイル広告効果測定プラットフォームのAppsFlyer(アップスフライヤー) Japanは、あらゆるモバイル広告キャンペーンのコストデータを一元管理できる「Xpend(エクスペンド)」の提供を始めた、と9月16日に発表した。広告キャンペーンの正確な費用対効果(ROI)の算出が迅速にできるので、マーケティングパフォーマンスを最適化できる。



「Facebook」「Google」「Twitter」やモバイルゲームの「AppLovin」など60以上のパートナーとAPI連携した。これまでAppsFlyerが提供してきたプライバシー情報保護重視のアトリビューション(間接効果)と、パートナーの直接的なコストデータを集約。さまざまな構造のデータを共通フォーマットにそろえて支出データを100%カバーする。

モバイル広告の拡大と複雑化で、マーケターは断片化したデータの収集・分析の煩雑な作業に追われており、Xpendは次世代のコストデータ管理・分析ソリューションとして開発した。あらゆるモバイル広告プラットフォーム・チャネルのデータを一元化できるので、マーケターは情報に基づき広告支出を最適化する意思決定が可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]