電通アイソバーが今後のCXを検討するためのナレッジを紹介するウェブ「CX UPDATES」開設

「ウイズコロナ」「アフターコロナ時代」のビジネスのあり方やCXのアイデア・知見を紹介
よろしければこちらもご覧ください

電通グループでデジタルソリューションサービスの電通アイソバーは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってさまざまな業界でサービスのデジタル化が進む中、これからの顧客体験(CX=カスタマーエクスペリエンス)を検討するためのナレッジ(知識・知見)を紹介するウェブページ「CX UPDATES」を開設した、と6月10日発表した。

サービスのデジタル化の進展によって、今後CXが一層重要になると予想される。CX UPDATESでは、新型コロナウイルスとともに生きる「ウイズコロナ」、終息後の「アフターコロナ時代」のビジネスのあり方やCXのアイデア、知見を毎週紹介。CXの世界的な最新トレンドの分析やeコマースの戦略・構築ノウハウの解説などとなる。

このほか、電通アイソバーが提案する顧客の「心を動かすこと」と「障壁をなくすこと」の両軸で体験を設計する一連のプロセスをひもといたり、1人1人に最適な体験をつくるために必要になるデータの活用・分析のノウハウを説明。プランナーたちによるCX戦略に基づいたSNS時代のコミュニケーショントレンドの考察も掲載する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]