電通アイソバーが「LINE」ソリューション「TONARIWA」と「Adobe Campaign Standard」連携

クロスチャネルのコミュニケーションにLINEユーザーの行動やコミュニケーション情報も統合

電通グループでデジタルソリューションサービスの電通アイソバーは、同社の「LINE」ソリューション「TONARIWA(トナリワ)」と、アドビのクロスチャネルキャンペーン管理アプリケーション「Adobe Campaign Standard」との連携サービスを始めた、と7月21日発表した。LINEユーザーの行動やコミュニケーション情報も統合する。

TONARIWAは、キャンペーンやCRM(顧客関係管理)への活用などLINEアカウントの効果最大化ニーズに対応するメッセージングプラットフォームとコミュニケーションサービスの総称。Adobe Campaign Standardはオンラインとオフラインチャネルのマーケティングを自動化し、顧客との1対1のコミュニケーションをクラウドで実現する。

今回、TONARIWAとAdobe Campaign Standardの連携パッケージを開発・提供。Adobe Campaign Standardの特徴となるEメール、モバイル、ウェブ、ダイレクトメールなどが混在するクロスチャネルのコミュニケーションの中で、LINEチャネルの連携を迅速に可能にする。顧客への理解を促進し、最適な顧客体験が提供できるようになる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]