「LINE」公式アカウントで1対1のコミュニケーションを継ぎ目なく可能にするチャット開発

電通アイソバー、自社のメッセージ配信「TONARIWA」とLive Person「Live Engage」を連携
よろしければこちらもご覧ください

デジタルソリューションサービスの電通アイソバーは、「LINE」公式アカウント上で顧客と1対1のコミュニケーションを継ぎ目なく可能にするチャットサービスを開発した、と6月7日発表した。提供を始める。電通アイソバーのメッセージ配信プラットフォーム「TONARIWA(トナリワ)」と、オンラインカスタマーエンゲージメント(顧客との関係)のLive Person(ライブパーソン)が提供するウェブ接客サービス「Live Engage(ライブエンゲージ)」を連携させた。

企業は顧客からの問い合わせにLINE上で対応可能になる。従来のウェブベースのチャットサービスと比べ、企業と顧客との接点をより継ぎ目なく連携させることで顧客のニーズや特性に合わせて最適化した顧客サービスを実現する。チャットでのコミュニケーションを通じた顧客に関するデータに基づく行動ターゲティングも可能になる。電通アイソバーはTONARIWAのサービスを拡張し、将来は複数のメッセージングサービスを横断するソリューションにする。

電通アイソバー
http://www.dentsuisobar.com/

Live Person
https://www.liveperson.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]