電通デジタルが「LINE」公式アカウント向け顧客獲得・育成支援「BOT BOOSTaR」開始

ユーザーに応じたコンテンツ制作と行動データに基づくコミュニケーション設計をサポート
よろしければこちらもご覧ください

電通の100%子会社でデジタルマーケティング事業の電通デジタルは、LINEが展開するコミュニケーションアプリ「LINE」の公式アカウント向けの新規顧客獲得・既存顧客育成支援サービス「BOT BOOSTaR(ボットブースター)」を開発し、9月26日に提供を始めた、と同日発表した。さまざまなコミュケーションが可能になる。

LINEアカウントを通じたユーザーとの双方向コミュニケーションを可能にする仕組み「Messaging API」を活用。一方的なメッセージ配信に加え、特定ユーザーに最適化したメッセージが送り分けられる。BOT BOOSTaRは、ユーザーの好みに応じたコンテンツ制作と行動データに基づくコミュニケーション設計をサポートする。

LINE公式アカウントは企業や店舗がユーザーと「友だち」になることで双方向のコミュニケーションができるサービス。BOT BOOSTaRは公式アカウント上で自由なサイズの静止画・動画素材や、アンケート回答ボタン、日付選択ボタンを表示したうえでの予約日時入力など、各種のフォーマットでメッセージ配信が可能になる。

柔軟なクリエーティブ表現で、伝わりやすいメッセージを作成

アカウント内の行動データに応じた配信メッセージの出し分けや来店者へのウエルカムメッセージ配信など、シナリオに合わせた1対1のターゲティングを実現する。アカウント内の行動データは個人を特定しない形でBOT BOOSTaRを通じて外部ツールと連携。ユーザー行動の可視化で次の施策に向けたプランニングにつなげられる。

行動データを可視化し、マーケティング施策に活用
ロゴ
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]