ユーザベースがBtoB企業の営業候補先を自動的に絞り込むターゲティング「FORCAS」開始

企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」用、分析から成約確度が高い潜在顧客を判別
よろしければこちらもご覧ください

情報インフラ事業のユーザベースは、BtoB(企業間取引)企業の営業候補先を自動的に絞り込むターゲティングサービス「FORCAS(フォーカス)」を5月29日に始めた、と同日発表した。同社が展開する企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」ユーザー向けの有料オプションとなり、当初は一部ユーザーを対象にする。秋以降はユーザーの限定をなくし、将来はFORCAS単独での提供も予定する。SPEEDAの「自動ターゲティング機能」として2016年9月に始めたα版の製品版となる。FORCAは「予測する」のFORECASTと「集中する」のFOCUSを合わせた造語。

FORCAはデータ分析に基いてアプローチする企業を予測し、マーケティングと営業の資源をターゲットに集中できるようにする。企業が保有する既存顧客や名刺データなどを集約し、SPEEDAがカバーする企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計などさまざまなビジネス情報を加えて自動的に分析。それを基に成約確度が高いと思われる潜在顧客を判別するモデルを生成する。企業信用調査の東京商工リサーチ、CRM(顧客関係管理)ツールのセールスフォース・ドットコム、名刺管理サービスのSansanとパートナーを組み、サービス連携する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]