ゆめみがセレスと「ビジネスサイエンスAIラボ」を設立、マーケティングの支援に活用

第1弾でセレスのポイントメディア会員に紐付くビッグデータによる広告配信技術研究

デジタルマーケティング支援のゆめみは、スマートフォンメディア事業のセレスとともに、AI(人工知能)と機械学習を研究する組織「ビジネスサイエンスAIラボ」を設立した、と2月13日発表した。新しいビジネスを生み出すと同時に、既存・新規顧客のマーケティング支援に技術を役立てる。ビジネスサイエンスAIラボの最初の活動として、セレスが運営する300万人を超えるポイントメディア会員に紐付くビッグデータを活用した最適な広告配信技術を研究・開発する。

ビジネスサイエンスAIラボは、1対1のコミュニケーション実現をサポートするゆめみの最重要の取り組みで立ち上げた。コミュニケーションを加速・深化させてビジネスを伸ばすには、AI分野の研究が不可欠と考えた。第2弾ではECサイトの顧客の行動や購買のデータなどを基にしたユーザーインサイト(本音・欲求)の可視化と、高精度のレコメンデーション技術の研究・開発を進める。こうした研究を通し、顧客価値を最大化するための自社分析基盤の構築を推進する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]