サイバーエージェントが専門組織「AIクリエイティブセンター」設立、自動生成を研究

第1弾で検索連動型広告のタイトル・説明文に関するサービス「QSクリエイター」展開

インターネット広告のサイバーエージェントは、広告クリエイティブ(制作物)の自動生成を研究する専門組織「AI(人工知能)クリエイティブセンター」を設立した、と8月29日発表した。最適で大量・高速なクリエイティブの開発と運用を目的に自動生成を研究し、最先端のサービスを提供する。第1弾で検索連動型広告のタイトル&ディスクリプション(TD)=広告文のタイトルと説明文=の大量生成から入稿・差し変え・レポートまでの一貫したサービス「QSクリエイター」を展開する。

インターネット広告でメディアごとの配信フォーマットとアルゴリズムの理解が重要になり、これらの変化に合わせたクリエイティブの運用が求められることから立ち上げた。QSクリエイターは、検索連動型広告でアルゴリズムから効果的と判断されたTDをAIに機械学習させ、テキストライティングの最適化と自動化を目指す。20人で構成する専門のライターチームが新規TDの大量制作から分析まで実行する。人とAIを組み合わせて効果的なテキストクリエイティブの大量生成を実現する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]