LINEがコミュケーションアプリ「LINE」の新しい動画広告メニュー「Expand Video」開始

画面スクロールで広告画面が拡張、最大60秒自動再生、視聴中でも外部サイトへ誘導可能
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、同社が運営するコミュケーションアプリ「LINE」で新しい動画広告メニュー「Expand Video」を始めた、と8月29日発表した。画面のスクロールで広告画面が拡張し、最大60秒の動画広告を自動再生する。動画視聴中でもアクションバーから外部サイトに誘導が可能になる。広告主のブランディングや認知度の向上を目的に導入した。

Expand Videoは、LINEのメニューページ「モアタブ」に掲載し、他のサービスにも順次展開する。スマートフォンに適した多彩な制作物によって高い訴求が可能になるという。モアタブからはスタンプショップや、インターネット通信販売「LINEショッピング」、出前・宅配「LINEデリマ」などLINEの各種サービスページにアクセスできる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス