米国Marketoが「Google Cloud」と提携、マーケティングオートメーション製品が動作

エンゲージメントプラットフォームを「G Suite」とデータ分析に統合、機械学習も活用

エンゲージメント(愛着心)マーケティングソフトの米国Marketoの日本法人、マルケトは、米国本社が米国Googleのクラウドサービス「Google Cloud」と提携した、と8月28日発表した。Marketoのマーケティングオートメーション製品がGoogle Cloudのプラットフォーム上で動作し、企業は自社顧客とのエンゲージメントが容易に構築できる。

Google Cloudとの提携によってMarketoのエンゲージメントプラットフォームをGoogleの総合ソフト「G Suite」とデータ分析に統合するほか、Googleの機械学習機能を活用する。マーケティング戦略立案者は、さまざまなデジタルチャネルでより容易にリアルタイムに購買者の声に耳を傾けられ、それを理解したうえで関係構築が可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]