「ブランド・ジャパン2016」で消費者が回答する「BtoC編」はアマゾンが初めてトップ

日経BPコンサル、ビジネスパーソンによる「BtoB編」ではトヨタ自動車が5年連続首位
よろしければこちらもご覧ください

調査・コンサルティングの日経BPコンサルティングは、国内で使用されているブランドを消費者とビジネスパーソンが評価する調査「ブランド・ジャパン2016」の結果を3月25日に発表した。消費者が回答する「コンシューマー市場(BtoC)編」でインターネット通販大手のアマゾンが初めて首位に立った。ビジネスパーソンとしての立場から回答する「ビジネス市場(BtoB)編」ではトヨタ自動車が引き続きトップを維持していた。

調査は2015年11月11日~12月6日にインターネットで実施。BtoC編は1000の企業と製品・サービスブランド、BtoB編は500の企業を対象にした。BtoC編が3万6332、BtoB編は2万224件の回答があった。調査は2001年に始まり今回で16回目となる。BtoC編で初めて1位になったアマゾンは、前回(前年)の5位から順位を上げた。前回トップだったセブン-イレブンは13位に後退した。2位はGoogle(前回7位)、3位はYouTube(同2位)となった。

BtoB編はトヨタ自動車が5年連続首位。2位はパナソニック(前回4位)、3位はGoogle(同4位)。前回2位のセブン-イレブンは16位、同3位の全日本空輸は4位だった。今回の調査はブランド価値と別に、各ブランドへの忠誠度をみるロイヤルティ評価を新設。「大ファンである、あこがれている」で首位は北海道の菓子メーカー、六花亭がトップで、ハーゲンダッツ、セイコーと続いた。六花亭は認知率が7割に満たないものの1位となった。

BtoC編とBtoB編の10位までは次の通り。()内は前回順位。
【BtoC編】1:アマゾン(5)、2:Google(7)、3:YouTube(2)、4:キユーピー(9)、5:トヨタ自動車(13)、6:ユニクロ(23)、7:カップヌードル(24)、8:ハーゲンダッツ(6)、9:テレビ東京(40)、10:パナソニック(20)
【BtoB編】1:トヨタ自動車(1)、2:パナソニック(4)、3:Google(4)、4:全日本空輸(3)、5:ソニー(17)、6:アップル(7)、7:本田技研工業(20)、8:ソフトバンク(6)、9:セブン&アイ・ホールディングス(9)、任天堂(32)

日経BPコンサルティング
http://consult.nikkeibp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]