日経BPコンサル、ブランド評価調査「ブランド・ジャパン2013」BtoC編の総合力でアップルが前回に続き首位

アップルは93.2ポイントを獲得、2位Google、ユニクロとの差は5.9ポイントに広がる

情報通信、電子機器などのコンサルティングを行う日経BPコンサルティングは、一般消費者とビジネスマンへのアンケート調査から、企業や商品、延べ1500のブランド力を評価するブランド評価調査プロジェクト「ブランド・ジャパン2013」の結果をまとめ、3月22日、調査結果報告書を発行した。BtoC編のブランド総合力ランキング第1位は、前回に続きアップル。第2位はGoogleとユニクロ、第4位はYouTubeだった。アップルの獲得ポイントは93.2で、Google、ユニクロとの差は5.9ポイント。前回の1位アップルと2位Googleの差は1.5ポイントで、差が広がった。調査は2012年11月7日~2013年1月15日に、コンシューマー市場(BtoC)編は18歳以上の男女、ビジネス市場(BtoB)編は18歳以上の有職者を対象にインターネットを利用してアンケートを実施。サンプル回収数はBtoC編が3万5507、BtoB編は2万5142だった。

BtoC編のランキング上位4ブランドの顔ぶれは前回と変わらなかった。アップルはイノベーティブ(革新性)ランキング、アウトスタンディング(卓越性)ランキングの両方で1000ブランド中1位だった。総合力順位が上昇したブランドでは、コンビニエンスストアのセブンイレブンが第36位から第22位に、ローソンが第68位から第39位に大きく順位を上げた。大手家電・電気機器メーカーはパナソニック、シャープ、キヤノンが順位を下げている。BtoB編では、前回に続きトヨタ自動車が首位となった。トヨタ自動車は「信用力」で88.1ポイントを獲得して第1位になり、「一流である」「日本を代表している」「この企業から学びたい」などの項目で首位となった。第2位にはアップル、第3位にはGoogleと本田技研工業がランクインした。大きく順位を上げたのはタニタで、前回の第38位から第8位となった。

日経BPコンサルティング
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]