「ブランド・ジャパン2022」1位はYouTubeが三連覇、3位に日清食品が浮上【日経BPC調べ】

楽天市場が前年80位から5位に大躍進。湖池屋、チキンラーメンなども大幅上昇。

日経BPコンサルティングは、ブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2022」の結果を発表した。「ブランド・ジャパン」調査は、国内で使用されているブランドを、一般生活者とビジネス・パーソンが評価する調査プロジェクト。2001年に第1回調査を実施し、今回で22回目を迎える。

一般生活者編では、「フレンドリー(親近性)」「コンビニエント(利便性)」「アウトスタンディング(卓越性)」「イノベーティブ(革新性)」という4指標により、ブランド価値の「総合力」を算出。ビジネス・パーソン編では、「先見力」「人材力」「信用力」「親和力」「活力」の5指標と5つの「企業評価項目」によりブランド価値の「総合力」を算出している。

総合トップ5中2社が入れ替わり

その結果、一般生活者編「総合力」ランキングでは、前年1位の「YouTube」が90.8ポイント(偏差値)と前年の88.0よりさらにスコアを上げて3年連続の首位となった。「フレンドリー(親近性)」は31位、「アウトスタンディング(卓越性)」は48位だが、「コンビニエント(利便性)」で6位、「イノベーティブ(革新性)」で1位を獲得している。

2位以下には、「Google」(前回2位)、「日清食品」(前回6位)、「無印良品」(前回4位)、「楽天市場」(前回80位)が続く。そのほかトップ10圏内では、カップヌードル(前回20位)、サントリー(前回48位)が順位をあげた。日清食品は、主要ブランドのカップヌードルが50周年を迎え過去最高の売上を記録しており、商品単独ブランドでもランクインしている。

総合力の前回との差分を見ると、16.6ポイント上昇した「楽天市場」(前回80位)が1位。以下「湖池屋」(前回110位)、「チキンラーメン」(前回174位)、「セイコー」(前回278位)、「PayPay」(前回95位)が続いた。

調査概要

  • 【調査期間】2021年11月10日~12月5日
  • 【調査対象】
    • 一般生活者(18歳以上の男女)
    • ビジネスパーソン(18歳以上の有職者)
  • 【対象ブランド】
    • 一般生活者:企業、商品・サービスブランド20×50組=1000ブランド
    • ビジネスパーソン:企業ブランド10×50組=500ブランド
  • 【調査方法】それぞれのブランドに対するさまざまなイメージを、Yes/Noで直感的に回答
  • 【回収数】
    • 一般生活者:41,000サンプル
    • ビジネスパーソン:21,000サンプル
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]