ロックオンとエム・データ、連携して自社CMだけでなくすべてのテレビ放送実績データを含めた分析が可能に

エビスファイブとTVメタデータを関連付け、放映状況を統合したマーケティングが可能に

Eコマース関連ソフト開発のロックオンとテレビの放送記録データベースを提供するエム・データは、業務連携して自社CMだけでなく、すべてのテレビ放送実績データを含めた分析レポートの提供を開始する、と10月21日発表した。ロックオンの「アドエビス」が提供していたマス広告とインターネット広告のクロス分析サービス「エビスファイブ」に、エム・データの提供するテレビ番組とテレビCMの放送実績データ「TVメタデータ」を関連付けることで、テレビ放映状況も統合したマーケティング分析が可能になった。

エビスファイブはインターネット、テレビ、新聞、雑誌、ラジオの5媒体のマーケティング施策を包括的に分析するサービス。TVメタデータは、東京・名古屋・大阪地区のテレビ局で放送したテレビ番組やテレビCMの内容をテキスト化、データベース化して構築している。エビスファイブとTVメタデータの関連付けにより、自社で保有するデータだけでは想定できなかった、テレビ全体からの影響を正確に把握でき、広告の予算配分や配信タイミングの判断ができるようになるという。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

エム・データ
http://mdata.tv/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]