米アドビ、「iPad」向けの新しいアニメーションビデオアプリ「Adobe Voice」を提供

音声やイメージを組み合わせてビデオストーリーの作成や共有が容易に可能、無料配布
よろしければこちらもご覧ください

米アドビシステムズは、ビデオストーリーの作成や共有が容易に可能な「iPad」向けの新しいアニメーションビデオアプリ「Adobe Voice」の提供を始めた、と5月8日発表した。自ら録音した音声やさまざまなイメージ、音楽、モーショングラフィックやエフェクトを組み合わせてストーリーを作ることができる。特別な撮影や編集作業不要でコンテンツが作成可能で、ソーシャルメディアや電子メール、ブログやウェブサイトにリンクを掲載するだけで共有できる。「App Store」で無料配布を開始した。

アドビが提供するコンテンツ統合制作ツール「Adobe Creative Cloud」に搭載しているビデオ、音声関連技術を幅広く一般ユーザーが使用できるようにした。Adobe Voiceによってプレゼンテーションに新たなインパクトを与えられ、小規模企業の顧客との関係構築や、非営利組織のテーマのアピール、学生のリポート作成などの作業に適している。専用設計のインターフェースで、誰でも楽しみながら魅力的で印象的なアニメーションビデオが作成できるという。「iOS7」搭載の「iPad2」以降に対応する。

アドビシステムズ
http://www.adobe.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

バイラル
話題や概念がウイルス(virus)のように広まっていく様子を表現する言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]