博報堂DY、グループ横断のO2O組織が新サービス「O2Oマストバイ・アフィリエイト」を提供

バリューコマースと共同開発、アフィリエイト広告の成果対象を実店舗での販売実績に拡大
よろしければこちらもご覧ください

博報堂、大広、読売広告などを傘下に持つ博報堂DYホールディングスは、グループ横断組織の「博報堂DYグループ・O2O(オンライン・ツー・オフライン)ソリューションスタジオ」が、インターネット広告・コンサルティングのバリューコマースとともに新サービス「O2Oマストバイ・アフィリエイト」を共同開発し、提供を始める、と10月22日発表した。アフィリエイト型(成果報酬型)ネット広告の成果対象を実店舗での商品販売実績に拡大し、実店舗での商品購入が条件となるマストバイキャンペーンの応募実績に応じた成果報酬の仕組みを実現した。

アフィリエイト型ネット広告を経由して特設サイトを訪問し、店頭でのマストバイキャンペーンの事前登録を行い、その後店頭で購入した商品パッケージに貼られているORコードをカメラ付き携帯電話で読み取って特設サイトでキャンペーンに応募する仕組みで、シリアルナンバーでも応募可能。広告主はアフィリエイト型ネット広告を出したサイトごとにキャンペーンの応募数が分かり、費用対効果が把握できる。読み取り端末を店舗に設置する必要がなく、利用者も従来のマストバイキャンペーンのようなはがきへの記入や購買証明送付の手間が省ける。

博報堂DYホールディングス
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

バリューコマース
http://www.valuecommerce.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]