アイレップ、マイクロアドの日本製DSP「MicroAd BLADE」で初の推奨代理店に認定

条件を満たし、サービス知識に長け、運用が優れている広告代理店を推奨代理店に
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、広告配信事業のマイクロアドが提供するDSP(広告配信の最適化と効果検証を一元管理するプラットフォーム)「MicroAd BLADE」の推奨代理店制度において、初の認定を受けた、と7月17日発表した。推奨代理店制度は、MicroAd BLADEを取り扱う広告代理店のうち、マイクロアドが定める条件を満たし、サービス知識に長け、運用が優れている広告代理店を公式に認定する。

MicroAd BLADEは、広告主のROI(投資収益率)最大化を目的としたディスプレイ広告の出稿・管理を行う国内最大規模のプラットフォーム。推奨代理店制度は7月3日に始まり、過去半年間で30件以上の広告主に対する運用実績があり、運用している広告主の半数以上がCPA(顧客獲得単価)目標を達成することが条件となる。今回はアイレップのほか、オプト、オリコム、サイバーエージェント、電通、トランスコスモス、マイクロアドプラス、ユナイテッドなどが推奨代理店となった。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]